院長 宮下 裕志

理事長あいさつ医療法人社団EPSDC 理事長
東京国際歯科 六本木  院長
歯内療法/歯周病 専門医

【院長略歴】
1986年 福岡県立九州歯科大学卒業 /勤務医
1993年 スウェーデンイエテボリ大学大学院 歯周病学教室留学
1995年 スウェーデンイエテボリ大学大学院 診断学教室留学
1996年 スウェーデンイエテボリ大学公認 歯周病専門医 及び歯内療法専門医 取得
1997年 帰国 千葉市に開業
1999年 コクランオーラルヘルスレビューアーグループ参加
2001年 南青山に「歯内歯周専門室 宮下歯科」開設
1999年~2008年 藤本研修会 歯内療法学コース講師
2002年 Swedish Postgraduate Dental Academy (SPDA) Head of SPDA
Japan, Academic Vice Chancellor
2005年 EPSDC研修会 Stage Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ 講師
2011年 医療法人社団EPSDC設立
2014年 東京国際歯科 六本木 開設
現在に至る
理事長あいさつ
【専門分野】
口腔診断学、歯内療法、歯周病治療、予防歯科、一般歯科治療

【所属学会】
日本口腔顔面痛学会、日本歯内療法学会
AAOP (American Academy of Orofacial Pain) 米国口腔顔面疼痛学会
AAE (American Academy of Endodontist) 米国歯内療法専門医会
IASP(International Association for the Study of Pain) 国際疼痛学会
EACH(European Association of communication in Healthcare)

【仕事に対するモットー】
「正確さ」 これに尽きます。

【患者さんから言われてうれしかった言葉】
「ありがとうございます」 単純ですね......笑

【ズバリ!当院の一番の魅力は?】
皆がそれぞれ頑張り屋です!

【やりがいを感じるのはどんなとき?】
長年歯の問題に苦しんでいる患者さんの問題が改善できた時。

【自分のことをどう思う?】
良くも悪くも真面目。

【大切にしたいこと】
家族の笑顔
スイム自己記録更新

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております