本質を見極めた歯科医療を提供したい

理事長あいさつ私が思う歯科医療の本質は「疾患をつくらないように予防する」「治療後は再発させない」ことです。本来であれば、むし歯や歯周病にかからないことが最善です。

ですが、不幸なことにすでにむし歯や歯周病になってしまった場合は、歯科医師としてその疾患を正しく診査し診断できること。そして徹底的に精密な治療を施し、予後のメインテナンスを完璧に行うことで再治療のリスクをゼロにする。それが歯科医療のあるべき姿だと思っています。

また、当院の治療方法も予防方法も極めてシンプルです。たとえば根管治療であれば、根管内の細菌をすべて取り除いて完璧に封鎖さえすれば、再発のリスクを極限まで下げられます。いくら最新であっても、効果が検証されていない機器や治療法を使うことはありません。

予防方法もそうですが、個々のリスク評価を行わず、安易にクリ−ニングやフッ化物応用、唾液検査、またその他効果のない検査や予防方法を勧めることはなく、一人ひとりの状況に合わせた予防処置を施していきます。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております