東京国際歯科 六本木を、理想の歯科医療を提供する場に

理事長あいさつ帰国後、東京国際歯科 六本木の先駆けとなったEPSDC 宮下歯科を開業し、スウェーデンで学んだことを実践してきました。国も違えば制度も異なるため試行錯誤を繰り返してきましたが、開業から10年が経った頃、ようやく自分の理念が形を伴ってきたかな、という実感がありました。

そして、私が学び実践してきた理想の歯科医療を後進に伝えるべく、イエテボリ大学で学んだ北欧の歯科学をベースとして、自分自身の臨床理論である「歯科医療のピラミッド」をコースの哲学としたEPSDC研修会という卒後研修カリキュラムを、公私共なるパートナーである妻と立ち上げたのです。

EPSDC研修会を立ち上げたことにより、同じ理念を共有する仲間も増えました。今後もこの理念を広め、私たちが理想とする歯科医療をより多くの患者さんに提供したいと思い、この東京国際歯科 六本木を開業したのです。

理事長あいさつ当院は、EPSDCコースを修了した若き精鋭の歯科医師の受け皿となり、正しい歯科医療をより多くの患者さんに広める役割を担う場所です。ここを起点として、全国に同じ理念を持った歯科医院が増えていくことが、私の生涯をかけた夢です。

日本は今後ますます高齢化社会となります。生涯にわたって自分自身の天然歯で食生活を営み、そして生き生きとした生活を過ごすことで、心豊かな人生を送ることができるのだと思います。そのためには、口腔内の健康への意識を変えていただく必要があります。歯が痛くなってから、治療後の歯の具合が悪くなってから慌てて近場の歯科医院に通うのではなく、口腔内の健康管理のために通う場所として、歯科医院の役割を捉え直していただきたいと思います。

私たちも、患者さんの生涯のパートナーとして、責任を持ってお口の健康を守るお手伝いをしてまいります。

※院長 宮下裕志の診察をご希望の方はご相談下さいませ。(完全予約制です)

 

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております

english