2015年12月26日

予防は保護者の方の意識向上がポイントです

小児歯科(予防歯科)

お子さんのお口の中の細菌バランスは3歳までに決まると言われています。つまり、それまでにむし歯菌に感染しなければ、その後の人生においてもむし歯になりにくいということです。

予防の習慣づけは早ければ早いほど効果的です。お子さんの前に、まずは保護者の方が予防の意識を高めましょう。

小児歯科~北欧の虫歯予防と治療の考え方
-- ゼロ歳児からの予防への取り組み −

【大切なお子さまの歯、だれが守る?】
乳歯のうちは諦めて永久歯になったら虫歯予防しよう。とお考えの親御様も少なくありませんが、実は0歳から(本当は妊娠中から)虫歯になりやすさが決まって行くのです。大切なお子様の歯を悪くしてしまうのは親にあります。 妊娠中から正しい歯の予防知識を身に付け、0歳児からの予防診療を徹底することが新しい常識です。北欧ではすでに常識です。

近年、日本の予防歯科の考え方もかなり進化していて、いま現在は、子どもの虫歯をゼロにし、虫歯の無い大人になることも十分に可能です。ただし、一生懸命歯磨きするのだけでは不十分。年齢によってリスクが変化していく口内環境に合わせてその都度、適確なプロケアーを受けていくことが大切です。お母さん、お子さまの虫歯予防大丈夫ですか? 

当院では、肉眼での歯の治療は致しません。歯科用の顕微鏡で歯を検査し治療します。子どもたちの虫歯ゼロを目指しています。一度、診察にいらしてください。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております