東京国際歯科 六本木 理事長挨拶

理事長あいさつこんにちは。医療法人EPSDC 東京国際歯科 六本木 理事長/院長の宮下裕志です。
この東京国際歯科 六本木は、私の診療の基本としている科学的で信頼性の最も高い、北欧の歯科医学をベースとし、地域の方のニーズに合わせた歯科医療を提供しています。
当院の先駆けとなる南青山の「歯内歯周専門室 宮下歯科」と統合し、より充実した医療設備と研修施設を併せ持った医院として2014年に麻布十番に開院いたしました。

当院では、患者さんが安心して良質の歯科治療が受けられる歯科医院を目指しています。ゆっくりと時間をかけて口腔内の悩み事を聞き、質の高い情報や治療をできる限りわかりやすくご提供します。また、患者さんのご要望を伺いながら専門家としてのサポートを行い、口腔内の健康を保つお手伝いをしてまいります。

本質を見極めた歯科医療を提供したい

理事長あいさつ私が思う歯科医療の本質は「疾患をつくらないように予防する」「治療後は再発させない」ことです。本来であれば、むし歯や歯周病にかからないことが最善です。

ですが、不幸なことにすでにむし歯や歯周病になってしまった場合は、歯科医師としてその疾患を正しく診査し診断できること。そして徹底的に精密な治療を施し、予後のメインテナンスを完璧に行うことで再治療のリスクをゼロにする。それが歯科医療のあるべき姿だと思っています。

また、当院の治療方法も予防方法も極めてシンプルです。たとえば根管治療であれば、根管内の細菌をすべて取り除いて完璧に封鎖さえすれば、再発のリスクを極限まで下げられます。いくら最新であっても、効果が検証されていない機器や治療法を使うことはありません。

予防方法もそうですが、個々のリスク評価を行わず、安易にクリ−ニングやフッ化物応用、唾液検査、またその他効果のない検査や予防方法を勧めることはなく、一人ひとりの状況に合わせた予防処置を施していきます。

スウェーデンで診断の大切さを学ぶ

理事長あいさつ私は歯科大生の頃から北欧の歯科医学に可能性を感じており、いつかスウェーデンで勉強したいと思っていました。イエテボリ大学 歯周病科に留学したときの授業では、すでに日本で原文の教科書を読んでいたため、授業の内容は前もって頭に入っていた程です。

イエテボリ大学留学中に最も衝撃を受けたのは「診断学」の存在でした。スカンジナビアの歯科医療では、最も大切なのは治療自体ではなく「診断」であると位置づけられています。残念ながらわが国日本の歯科大学には、この「診断学」という学問自体がなく、診断学を学ばずにレントゲンを見て診断をしているのです。当然私自身も、日本の歯科大学ではそのように教育を受けていました。

正しく診断するためには患者さんとのコミニュケーションが重要で、よく患者さんのお話を聞き、患者さんから正しい情報をお聞きしなければ、誤った診断に基づいた誤った治療を行ってしまいます。その結果、抜く必要のない歯が抜かれてしまった患者さんや治療後に再発してしまった患者さんを数多く見てきました。すなわち、初診時に最も時間をかけてよく医療面接することで、間違った治療を行ったり間違った治療を選んでしまったりすることがなくなるのです。

患者さんからしてみると「なぜさっさと進めてもらえないの?」と思われる場合もあるかもしれません。ですが、先に先にと進める治療は後戻りができません。

当院では、診断がつくまでは決して治療は行いません。そのためにじっくりとお話を聞き、あらゆる角度から病気の原因を探り出す努力をいたします。時間をかけ、ゆっくりしっかりと歯の健康を取り戻す。これが本来の歯科治療のあり方だと、私たちは考えています。

東京国際歯科 六本木を、理想の歯科医療を提供する場に

理事長あいさつ帰国後、東京国際歯科 六本木の先駆けとなったEPSDC 宮下歯科を開業し、スウェーデンで学んだことを実践してきました。国も違えば制度も異なるため試行錯誤を繰り返してきましたが、開業から10年が経った頃、ようやく自分の理念が形を伴ってきたかな、という実感がありました。

そして、私が学び実践してきた理想の歯科医療を後進に伝えるべく、イエテボリ大学で学んだ北欧の歯科学をベースとして、自分自身の臨床理論である「歯科医療のピラミッド」をコースの哲学としたEPSDC研修会という卒後研修カリキュラムを、公私共なるパートナーである妻と立ち上げたのです。

EPSDC研修会を立ち上げたことにより、同じ理念を共有する仲間も増えました。今後もこの理念を広め、私たちが理想とする歯科医療をより多くの患者さんに提供したいと思い、この東京国際歯科 六本木を開業したのです。

理事長あいさつ当院は、EPSDCコースを修了した若き精鋭の歯科医師の受け皿となり、正しい歯科医療をより多くの患者さんに広める役割を担う場所です。ここを起点として、全国に同じ理念を持った歯科医院が増えていくことが、私の生涯をかけた夢です。

日本は今後ますます高齢化社会となります。生涯にわたって自分自身の天然歯で食生活を営み、そして生き生きとした生活を過ごすことで、心豊かな人生を送ることができるのだと思います。そのためには、口腔内の健康への意識を変えていただく必要があります。歯が痛くなってから、治療後の歯の具合が悪くなってから慌てて近場の歯科医院に通うのではなく、口腔内の健康管理のために通う場所として、歯科医院の役割を捉え直していただきたいと思います。

私たちも、患者さんの生涯のパートナーとして、責任を持ってお口の健康を守るお手伝いをしてまいります。

※院長 宮下裕志の診察をご希望の方はご相談下さいませ。(完全予約制です)

 

書籍紹介

抜歯・小手術・顎関節症・粘膜疾患の迷信と真実抜歯・小手術・顎関節症・粘膜疾患の迷信と真実

クインテッセンス株式会社発行
7,000円(税別)
購入はこちらから

やさしい診査・診断学やさしい診査・診断学

クインテッセンス株式会社発行
14,500円(税別)
購入はこちらから


世界で最も成功率が高いスカンジナビアエンド世界で最も成功率が高いスカンジナビアエンド
クインテッセンス出版
9,720円(税別)
購入はこちらから


まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております