キシリトールでむし歯の発生を防ぐ

キシリトールキシリトールの摂取によって、お口の中のむし歯菌の発生や繁殖を抑制できます。ダラダラと間食をする癖のある方は、むし歯菌がお口に充満しやすい環境を作ってしまっているため、間食する内容を歯科専用のキシリトール配合商品に変えるだけでも変化があります。

ただし、過信は禁物です。キシリトールが配合されていても100%でなく、ほかの甘味料も併せて使われている場合があるからです。またプラークは、基本的に歯ブラシなどでかき出さなければ減少しません。キシリトールだけでむし歯や歯周病が防げると考えるのではなく、あくまで歯磨きのサポートとして考えるのが良いでしょう。

キシリトールとは
キシリトールとは、イチゴ・ベリー系の果物やレタス・ホウレンソウに含まれる天然の甘味炭水化物です。キシリトールにはむし歯菌(ミュータンス菌)の力を抑え、プラークの生成を防ぐ効果があります。むし歯の原因にならず、むし歯の発生を防ぐことが証明されている唯一の甘味料です。

また、1997年に厚生省(現厚生労働省)がキシリトールを食品添加物として使用することを許可して以来、キシリトールは輸液(点滴剤)に含まれる炭水化物として10年以上使用されてきました。食品添加物としてもキシリトールは安全であることが証明されています。

なぜキシリトールはむし歯を防ぐのでしょうか?キシリトール
キシリトールがむし歯を防ぐ理由は、大きく「非特異的作用」「特異的作用」の2つに分けられます。非特異的作用はキシリトールだけでなくほかの糖アルコールも持つ作用ですが、キシリトールによって唾液分泌と再石灰化を促進します。また、キシリトールだけが持つ特異的作用としては、非酸産生、プラークの質・量の変化、ミュータンス菌への影響が挙げられます。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております