当院のプロフェッショナルケアー

当院では、歯磨きで落とせない汚れを落とすメニューや、汚れをつきにくくするメニューなどをご用意しています。

PMTC予防歯科メニュー
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)を日本語に直すと「専門家による専用器具を使った歯の清掃」。歯の隙間や歯ブラシの届きにくい部分に残してしまった歯垢や着色を、専用の器具を使ってクリーニングしていく処置です。

このPMTCは、元々スウェーデンの予防歯科の生みの親であるアクセルソン教授によってリスクコントロールのために開発されました。PMTCは、健全な歯の面すべてに行うクリーニング処置ではなく、リスク部分をフォローしていくため、リスク診断後に行うことが基本です。

当院のPMTCの特徴は、肉眼で行うのではなく、マイクロスコープを使用して肉眼では確認できない部分まで的確に行うことです。歯のクリーニングにはさまざまな方法がありますが、受ける前にリスク診断をきちんと行うことが非常に大切なのです。

スケーリング予防歯科メニュー
歯垢が石灰化し、固く歯の表面に沈着してしまうと、歯ブラシでは取り除くことができなくなります。毎日のブラッシングが正しく行われていれば歯垢は取れるのですが、お手入れ不足となっている部分の歯石を、スケーラーと呼ばれる専用の手用器具を使って細かく落とします。

歯肉縁上と言われる歯肉より上の歯の面のスケーリングと、歯肉縁下と言われる歯周ポケットの中の歯の面のスケーリングとでは難易度が異なります。深い歯周ポケット内のスケーリングを行う場合は、局所麻酔が必要なときもあります。詳しい内容は、担当医/歯科衛生士にご相談ください。

フッ化物塗布予防歯科メニュー
北欧では、フッ化物入りの歯磨きペーストやジェルが街のドラックストアで購入できます。日本でも少しずつフッ化物入りの歯磨き剤が販売されていますが、正しいフッ化物の知識と使い方を知っている方はまだ多くないようです。

当院では年齢やリスクに合わせたフッ化物応用をご指導しております。高濃度のものを間隔をあけて塗布するよりも、低濃度のものをホームケアで続けて応用する方が効果が高い、と研究で示されています。

シーラント予防歯科メニュー
複雑な溝が刻まれている奥歯は大変汚れが溜まりやすく、歯ブラシの毛先が届きにくい場所です。その溝を樹脂の膜で埋めてしまうのが、シーラントと呼ばれる予防処置です。ただし、シーラントが知らないうちに外れ、余計に溝の汚れがお掃除しにくくなっている場合もありますので、定期的なチェックアップが必須です。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております