歯周病とは?

歯周病歯周病とは、歯周組織(歯肉や歯槽骨など)が細菌によって感染症を発症し、炎症を起こすことで骨が徐々に破壊されてしまう病気です。症状が進むと基本的な治療だけでは治すことが困難で、最終的には歯周組織が歯を支えきれずに抜け落ちてしまいます。

歯周病は成人が歯を失う一番の原因であり、早期に治療すべき病気です。しかし、初期の段階の歯周病は、痛みや違和感を覚えないことがほとんどです。痛みや違和感があるとすると、歯周病はかなり進行していると思って間違いないでしょう。歯周病は気づきにくく、気づいたときには重度のため、治療が複雑になってしまいます。

<こんな症状はありませんか?>
・噛み合わせに違和感がある
・最近歯並びが悪くなってきた
・最近口臭が気になる
・朝起きたときに口の中がネバつく
・ものが噛みにくい

<重度の可能性がある症状>
・歯ぐきから血が出る
・歯を触るとぐらぐらする
・ブラッシング時や噛みしめたときに痛い

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております