歯周病の診査・診断

歯周病の診査・診断初期の歯周病は自覚症状がなく、気づいたときには手遅れという場合もあります。そのため早めの診療をお勧めします。歯周病は、進行すると「歯周ポケット」ができます。そのポケットがどの程度の深さかを調べることと、歯肉に炎症がないかを調べることが歯周病検査の基本です。

診断は、スカンジナビアスタイルの詳細基準に基づいて行います。ポケットの深さが6mm以上あると重度の歯周病です。レントゲンでは歯がどの程度動いているか、歯肉が退縮しているか、歯を支えている骨がどのくらい減っているかを診断します。

すでに歯が動いている場合
すでに歯が動いているような状態では抜歯も視野に入れますが、歯が動いているからといってすぐに抜く必要はありません。歯が動く原因は、歯周病のほかにも考えられます。噛み合わせや感染した根管などが原因であれば、その原因を取り除くことで動きが収まることもあります。また、たとえ歯周病でも治療をすれば動かなくなることもあります。

これらの判断はすべて正確な診査・診断によって導かれます。従来のレントゲンによる検査に加え、より詳細な検査をすることで正しい診断ができるのです。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております