正しい歯の健康管理を

当院では、治療だけでなく「予防・管理」を重視したアプローチを行います。特に幼児期から学童期の子どもに関して、スウェーデンの「むし歯学」に準拠し、むし歯になる前の予防・管理を重視しています。

むし歯治療

なぜ北欧の人は歯を失わないのか?
最近でこそ「予防歯科」という言葉は当たり前のように使われていますが、まだまだ日本では「年をとれば歯を失うのは仕方ない」と考える人が多いと思います。それは北欧でも同じでした。ところが今、80歳で残っている自分の歯は日本では約8本、スウェーデンでは15~20本です。

そもそも歯科治療、そして歯科の疾患の予防という考えはありませんでした。それが一変したのは1970年代のスウェーデンからで、国の大規模な予防プログラムの導入により、国民の歯の健康状態が飛躍的に向上したのです。治療そのものより「疾患を予防することが、歯を失わないために歯科医師が取り組むべきことだ」と国が動いたのです。

子どもも大人もプラークコントロールを
世界で初めて予防の重要性を打ち出したのが、スウェーデンのイエテボリ大学です。1960年代から長期にわたる膨大な調査が行われ、対症療法(悪くなってから歯の治療を行う)が中心だった歯科治療を根本から変えていきました。

その一番の意義は、むし歯や歯周病などあらゆる口腔疾患に最も有効なのはプラークコントロール(歯垢除去)だと証明したことです。

治療後も歯の健康管理を
東京国際歯科でもプラークをコントロールすることを中心に考え、治療後も再発しないように徹底した管理プログラムを行っていきます。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております