むし歯の進行状態の診断基準

むし歯の進行状態は一般的に「C1」や「C2」で表すものだと思われていますが、これは先に書いたように保存修復学による診断基準です。むし歯学にはより細分化された基準があるため、むし歯学では「C2だからこういう治療をしましょう」というのはあまりにも乱暴な診断と言えます。

たとえばC1は、むし歯学でいうところの「D1+D2」にあたります。D1は「エナメル質の浅いむし歯」のことであり、D2は「エナメル質の深いむし歯」です。またC2は「D3+D4」で、D3は「象牙質の浅いむし歯」、D4は「象牙質の深いむし歯」です。

むし歯の進行状態の診断基準

D3になると歯髄に影響が出てきます。こうなると歯髄の治療が必要となる可能性が高くなります。D4は歯髄を取らなければならないレベルですが、場合によってはすでに歯髄が死んでしまっている可能性もあります。神経を取ってしまうと、歯が少し弱くなってしまいます。

D3以降は治療が必要です。できればD2まで、最悪でもD3までで食い止めなければなりません。そのためにも、より詳細な検査と診断基準に基づいて歯を診断する必要があるのです。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております