究極の予防歯科「妊産婦プライマリ・ケア」

妊産婦プライマリ・ケア

妊娠期は、唾液の機能低下によりむし歯になりやすい時期です。もしこの時期にむし歯になってしまったら、お母さんのお口の中に残った細菌が唾液を介してお子さんに感染してしまうこともあります。

また妊娠すると、つわりやホルモンバランスの変化によって歯科疾患のリスクが高まることがわかっています。ブラッシング時の出血や歯肉の腫れなどがよく見られるようになります。万が一でも重度の歯周病になると、早産や低体重児出産のリスクが7倍にも高くなってしまうというデータもあります。

出産前からお母さんご自身のお口の中の環境を整えることは、お子さんのお口の中の健康のためにとても重要なのです。安定期に入ったら、1か月に一度は来院いただくことをお勧めします。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております