正しい歯の健康管理を

当院では、治療だけでなく「予防・管理」を重視したアプローチを行います。特に幼児期から学童期の子どもに関して、スウェーデンの「むし歯学」に準拠し、むし歯になる前の予防・管理を重視しています。

むし歯治療

なぜ北欧の人は歯を失わないのか?
最近でこそ「予防歯科」という言葉は当たり前のように使われていますが、まだまだ日本では「年をとれば歯を失うのは仕方ない」と考える人が多いと思います。それは北欧でも同じでした。ところが今、80歳で残っている自分の歯は日本では約8本、スウェーデンでは15~20本です。

そもそも歯科治療、そして歯科の疾患の予防という考えはありませんでした。それが一変したのは1970年代のスウェーデンからで、国の大規模な予防プログラムの導入により、国民の歯の健康状態が飛躍的に向上したのです。治療そのものより「疾患を予防することが、歯を失わないために歯科医師が取り組むべきことだ」と国が動いたのです。

子どもも大人もプラークコントロールを
世界で初めて予防の重要性を打ち出したのが、スウェーデンのイエテボリ大学です。1960年代から長期にわたる膨大な調査が行われ、対症療法(悪くなってから歯の治療を行う)が中心だった歯科治療を根本から変えていきました。

その一番の意義は、むし歯や歯周病などあらゆる口腔疾患に最も有効なのはプラークコントロール(歯垢除去)だと証明したことです。

治療後も歯の健康管理を
東京国際歯科でもプラークをコントロールすることを中心に考え、治療後も再発しないように徹底した管理プログラムを行っていきます。

歯を管理するための初期診断

むし歯治療歯を健康な状態で維持するためには、まず正確な診断を行う必要があります。歯の状態をチェックし、必要であればレントゲンを撮る一般的な検査のみならず、当院ではマイクロスコープを使った検査も行っています。

マイクロスコープとは、肉眼の約20倍の大きさで歯の状態を確認できる歯科用顕微鏡のことです。マイクロスコープを使うことで、肉眼では見落としてしまうごく初期のむし歯を発見することができます。

むし歯の進行状態の診断基準

むし歯の進行状態は一般的に「C1」や「C2」で表すものだと思われていますが、これは先に書いたように保存修復学による診断基準です。むし歯学にはより細分化された基準があるため、むし歯学では「C2だからこういう治療をしましょう」というのはあまりにも乱暴な診断と言えます。

たとえばC1は、むし歯学でいうところの「D1+D2」にあたります。D1は「エナメル質の浅いむし歯」のことであり、D2は「エナメル質の深いむし歯」です。またC2は「D3+D4」で、D3は「象牙質の浅いむし歯」、D4は「象牙質の深いむし歯」です。

むし歯の進行状態の診断基準

D3になると歯髄に影響が出てきます。こうなると歯髄の治療が必要となる可能性が高くなります。D4は歯髄を取らなければならないレベルですが、場合によってはすでに歯髄が死んでしまっている可能性もあります。神経を取ってしまうと、歯が少し弱くなってしまいます。

D3以降は治療が必要です。できればD2まで、最悪でもD3までで食い止めなければなりません。そのためにも、より詳細な検査と診断基準に基づいて歯を診断する必要があるのです。

歯の健康を維持・管理するには

むし歯治療歯の状態を詳細に診断し、治療が必要ではないD2までであれば、次に重要となるのはその状態を維持・管理することです。いわゆるむし歯予防ですが、これはご自宅でのメインテナンスがとても大切です。

「私は毎日歯磨きをしているから大丈夫」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、毎日歯磨きをしていても磨き残しがあっては意味がありません。ご自身はきちんと歯磨きしているつもりでも、磨けていないところは少なからずあるものです。

そのため、当院では定期的な検診をお勧めしています。歯の管理のプロフェッショナルである歯科衛生士が定期的に歯の状態をチェックすることはもちろん、ブラッシングの癖などを考慮し、一人ひとりに合ったメインテナンスの方法をご提案します。

メインテナンスの詳細はこちら

少しでもむし歯の症状があれば早めの治療を

むし歯治療むし歯学で言うところのD3以上になると、治療が必要です。たとえば、しみるような症状を放置していると歯髄が死んでしまい、さらに根管内に感染を引き起こす可能性が高くなります。

歯がしみても、しばらくすると症状が消えてしまうことがあります。そのため「気のせいかな」と思ってそのまま放置してしまう方もいます。しかし実際には、放置している間に感染が奥深くまで進んでいることもあるのです。とにかく問題を大きくしないことが重要です。

このような根尖部の問題は、治療したからといって必ず治るわけではありません。むし歯の専門医がマイクロスコープを使い、時間を十分に取って治療をしても治るのは約80%です。ですから、このような状況になる前にしっかりと管理していくことが重要なのです。

どうしても治療が必要な場合

マイクロ治療の必要がないように健康な歯を維持・管理することが最も大切ですが、どうしても削らなければならない場合は削る範囲を最低限にとどめ、ラバーダムを使って細菌が残らないように、また削った部分を十分に封鎖できるように詰め物を詰めていきます。当院では以下の3つのことを踏まえてむし歯治療に取り組んでいます。

●どんなに小さなむし歯でも精密に
●治療後、ホームケアがしやすいように
●見た目を美しく

マイクロ治療をしても、むし歯菌が歯に残ったままではいずれ再発してしまいます。そのため当院では、どんなに小さなむし歯でも必要であればマイクロスコープを使った精密な治療を行います。また、治療後はその状態を維持・管理することが重要です。詰め物をする場合は歯磨きがしやすいように考えながら行います。さらに、治療の跡が気にならないよう審美性にもこだわりながら治療を行います。

痛みを取る!スペシャリストによる治療はこちら

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております