歯の痛みを取る!スペシャリストによる、できるだけ痛みを感じさせない治療

一口に「歯が痛い」と言っても、歯の痛みにはさまざまな種類があります。まずは痛みの原因を探り、効果的に痛みを取り除きます。

歯の痛みを取る

歯の痛みや腫れにはむし歯や歯周病などさまざまな原因が考えられ、歯の痛みが起こる場所も象牙質や歯髄、歯の周りの組織など色々です。また「歯が痛む」と言って来院される方でも、本当に歯が原因の方もいれば、歯が原因ではない場合もあります。

それらすべての要素を考えながら、まずは痛みの原因を探り、治療方法を計画します。その際、当院ではマイクロスコープを使い、より詳細に歯の状態を調べるようにしています。診療時間はかかりますが、痛みの原因を正確に把握し、質の高い治療をすることが完治への近道だと考えています。

「痛みのある歯の治療」なら当院へ!
当院では痛みを取る技術を磨き、経験を重ねたドクターが、痛みの原因を根本から解決します。痛みを取ることに関するスペシャリストが揃っています。歯に痛みを感じたら、お気軽にお問い合わせください。

やさしい診査・診断学歯の痛みをとる!「やさしい診査・診断学」

当院の理事長が執筆した書籍「やさしい診査・診断学」に「歯の痛みをとる!やさしい解説書」として、まとめています。

INDEX
第1章 イントロダクション
第2章 診断学の基礎の基礎
第3章 臨床準備編
第4章 臨床編
第5章 実践編

著者 宮下裕志

できるだけ痛みを感じさせない治療

痛みを感じさせない治療痛みというのは、先入観や周りの環境に大きく左右される感覚と言われています。緊張していれば痛みを感じやすく、リラックスした状態であれば感じづらくなります。当院では、痛みを感じさせない技術と共に痛みを感じづらい環境づくりを行い、患者さんの痛みへの恐怖を和らげる工夫を行っています。

痛みを連想させない空間
患者さんが来院してから診療チェアに座るまで、ドリルや注射器などの痛みを連想させる機器は目に入らない場所に配置されています。また、アットホームな雰囲気でリラックスできる環境を整えています。

北欧式(スカンジナビアスタイル)治療
北欧式の治療では、むやみに歯を削ったり抜いたりすることなく治療を行います。特徴として下記の点が挙げられます。

●術後の腫れや痛みが少ない
●体質を見極めたオーダーメイドの治療
●外科的な処置はできるだけ避け、基本的な治療で回復を目指す

高度な麻酔技術

高度な麻酔技術麻酔注射の痛みが苦手という方も多くいらっしゃいます。痛み対策として表面麻酔や電動麻酔を使う歯科医院が多いのですが、実は、表面麻酔をしたり電動麻酔を使ったりしても、完全に痛みを消すのは難しいと言われています。

当院では麻酔注射の際、薬液や器具に頼らず注射を打つ技術を磨くことで痛みをなくすようにしています。

むし歯治療についてはこちら

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております

english