診療の流れ

まずは担当医によるご相談から始まります。当院の治療は1対1の対話が基本となり、ドクターがじっくりとお話を伺った上で、オーダーメイドの治療プランをご提案します。

診療の流れ
1:診療申込・問診票記入診療の流れ
診療申込書と問診票をご記入いただきます。当院ではご希望により専門のデンタルカウンセラーが付き添い、問診票にご記入いただいております。問診票は、より正確な診断と治療計画作成のための重要な資料です。

今のお口の中の状況や、現在かかっている病気、アレルギーの有無、服用しているお薬、ご職業や生活習慣、食生活などもなるべく詳しくご記入ください。

次へ
2:主訴の診断と治療診療の流れ
初日は、現在一番気になっていること(主訴)の解決に重点を置きます。問診票をもとにドクターがお話を伺います。特に初診時は時間をたっぷりとお取りしますので、お口のお悩みや痛みの状況、不安に思っていること、治療内容へのご希望など、どんな些細なことでもお聞かせください。診療室は個室ですから、話しづらいことやプライバシーに関わることも気兼ねなくお話しいただけます。

次へ
3:お口の中全体の診査・診断診療の流れ
主訴を解決した上で、今後ほかの部分を含め、もうお口の中にトラブルが起こらないような方針を立てます。今回なぜそのような問題が起こったのか、ほかにもそういった問題が起こりそうな部分がないかどうか、といった原因を見つけるために、お口の中全体の診査を行います。

すべての歯の診査と診断を行った上で自分自身のお口の中の現状を把握し、歯の健康を立て直し、そして口腔健康を維持できるような予防を中心とした治療計画を立てていきます。
(ただし強い痛みや違和感があるなど、緊急な処置が必要な場合はすぐに診断し、対応します。)

口腔全体の精密な診査には、歯科用の顕微鏡マイクロスコープを用います。
むし歯の診査/歯肉の状態の診査/噛み合わせの診査/レントゲン診査/口腔内写真撮影/歯列模型製作/歯科疾患のリスク評価(むし歯や歯周病のなりやすさ)/口臭チェック など

次へ
4:治療計画立案・説明と同意(インフォームド・チョイス)診療の流れ
正確な診査および診断の結果に基づき、患者さんのご希望に沿うような治療計画を決めていきます。治療の進め方としては、おもに2つに分けられます。
部分的な歯の治療を希望されているのか、口腔内全体の治療とメインテナンスをご希望なのか。また保険診療で進めていかれたいか、保険外診療で最善の治療方針で進めていかれたいのか。

お口の中の状況にもより異なりますが、やはり気になるところは治療方針だけでなく通院回数や治療費などもあるかと思われます。私たちとしては、来院されるすべての方へ口腔内全体の健康維持を目標にした最善の治療をご提供させていただきたいと考えておりますが、みなさんのご要望に合わせながら治療の内容・順序など、治療計画のお時間にご相談して決めていくこととしております。

次へ
5:治療診療の流れ
治療方針が決まれば、治療のご予約をお取りしていきます。遠方から通院なさる方、またご多忙な方に合わせた治療予約で進めていきますが、治療内容によってはどうしても何度も通院が必要となったり長期的に通院が必要になったりする場合もあります。

また治療はすべて担当制で、担当歯科医師と担当歯科衛生士がチームで責任を持って治療にあたらせていただきます。治療中の不安なことや質問しづらいことなどは、いつでも担当歯科衛生士やカウンセラーがご相談にのります。また随時メールでの相談も承っており、通院中の方に安心して治療を受けていただくようにチーム医療を行います。

次へ
6:サポーティブセラピー(メインテナンスとチェックアップ)診療の流れ
治療を開始されたあとも、口腔内のプラークコントロールのお手伝いや治療中の不安なことなどを担当歯科衛生士がサポートしていきます。それを当院ではサポーティブセラピーと呼び、患者さんと歯科衛生士がお口の中の健康管理に二人三脚で取り組んでいきます。

そして治療終了後までにはご自身でのホームケアーが適切に行われるように変化し、もうむし歯や歯周病等に悩まされることがなくなっていきます。また治療が終了して健全になったあとも、定期的なチェックアップやサポーティブセラピーで口腔健康維持を続けていきます。

患者さんごとのむし歯や歯周病のリスクを話し合い、サポーティブセラピーの間隔を決めます。通いやすさや患者さんの生活スタイルに合わせて行っていきますので、無理のないプランを立てていきましょう。本院でもサポーティブセラピーにお通いの方はむし歯や歯周病を予防し続けて、歯を失うことなどはほぼありません。

※サポーティブセラピーは、1回につき75分のご予約をいただきます。患者さんのお口の中のリスクや状況によって間隔は異なりますが、平均的な間隔は3~6か月です。

●定期的なチェックアップとサポーティブセラピー診療の流れ
当院では、まず前回から歯や歯肉にトラブルが起こっていないかどうか、治療が終了した部位やほかの部分に新たな問題が発生していないか、隅々までチェックします。そしてプラークコントロールが不十分な部分をリカバリーさせ、健康を保っていけるようなサポートを行います。

日々、忙しかったり歯のお手入れがおざなりになったりしている方も、来院していただくことで、健康管理のモチベーションを向上することができるでしょう。不安なことやお口の悩み事があれば、その都度気軽に訪ねてください。

また、むし歯の診査、歯肉の状態の診査に関しては、担当の歯科医師または歯科衛生士がマイクロスコープを用いて細かくチェックします。噛み合わせの診査、歯の破折の予防に関しては、リスクに応じた頻度で歯科医師が診査をします。このように歯科医師と歯科衛生士がチームとなり、さまざまな角度にて患者さんのお口の中の問題が起こらないようにリスクを改善できるよう管理していきます。リスクが高くなっている場合などは、それに応じた対応をとっていきます。

サポーティブセラピーが継続できている患者さんが治療をしなくてはいけない状態になることは、かなりまれです。すぐに歯や歯肉に問題が起こるリスクが高い方に関しては、治療ばかりを行うよりもそのリスク(問題の起こりやすさ)を減らしていくような方針をとることが重要です。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております